体脂肪率 平均体脂肪率は、体の中にある体脂肪の割合です。家庭用の体脂肪計が普及し、簡単に体脂肪率が測れるようになりました。体脂肪率によって、自分が肥満なのか隠れ肥満なのか、標準なのかやせ形なのか知ることができます。

体脂肪率を通して、生活習慣病などのリスクを把握し、毎日の健康管理に活かしていきましょう。
スポンサードリンク

体脂肪率を減らして理想の体に

体脂肪率 標準 適正な体脂肪率
体脂肪率は高ければ肥満になり、生活習慣病などのリスクが高まりますが、低くても血行が悪くなったり、体温を適正に保つことができなくなったりと体に害があります。
適正な範囲におさまっていることが大事なのです。
適正な体脂肪率は、性別な年齢によって異なります。自分にあった体脂肪率の値を知っておきましょう。

体脂肪率 標準 体脂肪計の使い方
体脂肪率は体脂肪計で測ります。しかし、家庭用の体脂肪計では、必ずしも正確な体脂肪率が測れないことがあります。
正しい測り方をすれば、より正確な体脂肪率を得ることができます。時間や、条件などをそろえたり、自分に合ったモードを知ることで、正しい体脂肪率を測定し、体調管理に役立てましょう。

体脂肪率 エステサロンで体脂肪を落とす
お金がかかるので人によっては難しいと思いますが、てっとりばやく体脂肪を落としたいのであれば、エステサロンを利用するのも有効です。エルセーヌやバイオエステBTBのように痩せることに特化したエステは特におすすめです。(※参考:http://エステ口コミ宣言.com/

体脂肪率 標準 体脂肪率を減らす食事
体脂肪率を減らすには、運動が効果的ですが、食事を改善することも大切です。
しかし単純に食事の量や回数を減らしただけでは、かえって体が脂肪を貯め込みやすくなり、太りやすくなることもあります。
タンパク質を取り、日に3回の食事をきちんと摂取しながら、健康に体脂肪を減らしていくことが大事です。

体脂肪率 標準 基礎代謝について
基礎代謝とは、人がじっとしていても消費するエネルギーのことです。特に運動をしなくとも毎日エネルギーが消費されるため、基礎代謝量を上げていくことで、体脂肪率の増加を抑制したり、体脂肪率を下げることができます。
体の中で、筋肉が最も多くの基礎代謝量を使います。筋肉を付けることが基礎代謝をアップさせる大事なポイントです。