脳卒中や高脂血症、動脈硬化、糖尿病など、生活習慣病は体脂肪率が高い肥満の状態では発症のリスクが上がると言われています。脂肪の多い食事などから体脂肪率が高くなり、肥満になりますが、その肥満が生活習慣病を引き起こすのです。

かつては成人の病気と言われていましたが、時代とともに、子供の生活習慣病も増加してきました。


体脂肪率が高くなった状態を「肥満」と言いますが、この肥満によって糖尿病が引き起こされます。
肥満でインシュリンの働きが減り、糖尿病を発症すると考えられています。また、脂肪が多い肥満の状態ではインシュリンが過剰に分泌され、結果として糖尿病を引き起こすこともあります。

また、脳卒中はコレステロールが高いと発症しやすくなります。コレステロールが脳の血管に血栓を作り、血流を詰まらせる原因物質だと言われています。

高脂血症は、血液中のコレステロールや中性脂肪の増加によって引き起こされます。この高脂血症によって、動脈硬化のリスクも高くなります。動脈硬化になると、どろどろになった血液の流れが滞り、血管に詰まって血流を阻害してしまいます。

また、肥満になると体に負担がかかって心配能力が弱まり、心臓にさらに負担がかかります。血流が乱れて血の流れが悪くなることで血栓が出来やすくなり、動脈硬化の危険性をさらに高めます。

このように、肥満は多くの生活習慣病を引き起こす原因となります。自分の体脂肪率を把握することで、自分が肥満かどうか判断し、それによって生活習慣病のリスクを知り、予防や早期発見に役立てることが出来ます。

スポンサードリンク