前述の通り、体脂肪率は高ければ肥満になりますが低ければいいというものでもなく、丁度いい適正範囲におさまっていることが理想です。
体脂肪率が適正な数値を越えて高すぎると「肥満」と判断され、健康に影響があり、成人病などの生活習慣病にかかりやすくなります。逆に体脂肪率が基準を大きく下回って低すぎる場合、血行が悪くなったり冷えやすくなり、体力も落ち、体に力が入りにくくなったりします。


体脂肪率には世界的な基準値はありませんが、国内の大学が調べて設定した基準値があり、それを元に、肥満ややせ過ぎなど体脂肪率が適正かどうか判断されています。
男女差、また年齢によっても適正な体脂肪率の数値は変わってきますので、自分に合った基準値を知ることが大切です。
適正な体脂肪率は、女性の場合、30歳未満であれば適正な体脂肪率は17〜24%とされています。体脂肪率30%以上になると肥満に分類されます。
30歳以上の女性であれば、適正な体脂肪率は20〜27%。こちらも30%以上が肥満と判断されます。
男性は、30歳未満であれば適正な体脂肪率は14〜20%、25%以上が肥満です。30歳以上ならば適正な体脂肪率は17〜23%、やはり25%以上が肥満とされます。
体脂肪率が高すぎても低すぎても注意するべきですが、特に女性の体脂肪率が低い場合は要注意です。ホルモンバランスが悪くなることがあり、体調を崩しやすくなります。ホルモンバランスの異常によって、生理不順を引き起こしたり、時には閉経が早まることもあります。

スポンサードリンク