体脂肪計の選び方として、測定方法以外にもチェックする点があります。

もしダイエット目的で体脂肪計を選ぶのならば、体重や体脂肪率だけでなく、筋肉量や基礎代謝が測れるものを選びましょう。筋肉量や基礎代謝は、体組成計で測りますが、体脂肪計にこの機能がついたものが売られています。


家族と一緒に体脂肪計を使う人は、複数人数のデータが登録できるものを選びましょう。中には2人までしか登録できないものなどもあります。使用する人数分のデータが入力できるかどうか確認することが大切です。体脂肪計は、それぞれ使う人の身長や年齢などを入力することで、より正確な数値を測ることができるのです。

また、測定単位もしっかりと確認しておきましょう。
測定単位は、どれくらいの細かさで体脂肪率や体重の測定をしてくれるかの値です。
体脂肪率は0.1%単位から、体重は100g単位で測ってくれるものがいいでしょう。もっとも、体脂肪率は今ではほぼすべての体脂肪計が0.1%単位で測りますので、それほど気にする必要はありません。

また、100g単位で体重を測っているように見えても、100kgを越えると500g単位になってしまう体重計もありますので、100kgを越える人はきちんとその点をチェックして選びましょう。

これらの点を検討しながら、体脂肪計の機能をしっかり確認して選びましょう。
できれば、それなりに有名なメーカーのものを選ぶのがいいでしょう。体脂肪計はそれぞれのメーカーが集めたサンプルデータを元にして体脂肪率を計算していますが、このデータの量や分析によって、測定の正確さに影響してくるからです。無名メーカーの安い体脂肪計は、できることなら避けた方が無難です。

スポンサードリンク